育児をする多くの親にとって最大の関心事のひとつが、子どもの教育。近年の日本では、英語の早期教育が盛り上がっていますが、同様に大きな注目を集めているのが「STEM(ステム)教育」です。

確かに21世紀型の新しい教育「STEM教育(ステムきょういく)」が世界各国で導入され始めています。

STEM教育は、子どものうちからロボットやIT技術に触れて「自分で学ぶ力」を養う新しい時代の教育方法といえるものです。

では、STEM教育とはいったいどんなことですか?今回はSTEM教育についてくわしく解説していきます。

STEMとは?



S:Science

T:Technology

E:Engineering

M:Mathematics

それぞれの頭文字を取った言葉で、科学・技術・工学・数学の教育分野を総称した言葉です。


STEM教育はこれら4つの学問の教育に力を注ぎ、IT社会とグローバル社会に適応した国際競争力を持った人材を多く生み出そうとする、21世紀型の教育システムです。

STEM教育が必要なのか?


STEM教育は、IT社会に対応するスキルを育てるためだけのものではありません。理数系のSTEM4科目を学ぶと、「考察や分析」「課題の発見と解決」などが行えるようになります。

また子どもの頃からプログラミングに触れると、ITリテラシーを高められます。さらに身に付けた知識の転用や活用を加えると、新しい価値の創造も可能となるのです。

STEM教育のメリット


①ITリテラシーを高められる
②思考力・行動力を身に付ける
③自発性、創造性、判断力、問題解決力を養う
④チームワーク

日本のSTEM教育への取り組み


小学校におけるプログラミング教育の必修化が、2020年に実施されました。またSTEM教育研究センターでは、「STEM教育における学習内容の体形化」「指導者の育成について」研究を進めています。

さらに子どもを対象とした、ロボット研究の無料体験会なども開催しているのです。先進的な理数教育を学ぶ教育施設として、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)も設置されました。

文部科学省の指定を受けている学校は現在全国で200校以上。大学やほかのSSHと共同研究や交流が行われており、これらの活動をとおして世界に通用する科学技術人材を育成しています。

代表的なSTEM教育玩具

 

 

5色のボールがそれぞれ同じ色のゴールに入るように交差ピースと直線ピースを置きかえてボールが転がるルートを作るパズル。さまざまな学習の基礎となる論理的思考を段階的に学べる点が評価された。自分が立てた仮説をすぐに実証できるので、学びにとって重要な「予測」「計画」「実行」「反省」のプロセスを素早く実行できる。論理的思考を学べる玩具は他にも多数あるが、この玩具は何が起こっているかをより俯瞰的に理解できる。またコンパクトなサイズなので場所をとらず、片付けやすいという親にとって重要な要素も評価された。